COURSE入学案内

新入生の方

通信制を検討している中学3年生

3年間で高校卒業を目指します。

スクーリング・レポート・定期試験により学習を進めます。
半期6日程度のスクーリング参加、学習レポート・放送視聴レポートの提出、定期試験を経て単位修得となります。

登校日は、各自が選択したスクーリング日、試験日です。
また、職員全員が携帯電話を常備。
直接話しにくいことをメールで相談することも可能です。

お問合せ・資料請求はこちら

転編入学の方

以前に高校に在籍していた、あるいは現在在籍されている方

年間を通じて、随時受け付けています。
過去の修得単位と在籍期間を引き継ぎます。
再スタートは随時受付。
ひとりひとりに合うカリキュラムを編成します。

一年間を前期(4月~)と後期(10月~)に分け、半年毎に単位を認定する2期制。9月卒業も可能です。
いつからでも無理なく学習し単位を取得できるように、ひとりひとりの状況に合わせた、個別カリキュラムを編成します。

在学実績、既得単位を活かせます。

高校卒業に必要な条件は74単位以上修得
3年以上在籍(休学を除く)
特別活動30時間以上

お問合せ・資料請求はこちら

科目履修希望の方

卒業資格を目指さない方

高校卒業程度認定試験受験予定の方、あるいは一部の単位修得のみを目指している方のために科目履修制度があります。

必要な科目を、必要なだけ履修できます。

例えば、資格を取得するために高等学校の科目の履修が必要な場合、その科目だけを履修することが出来ます。半年毎に単位認定の機会があります。
入学金不要。
科目履修生は入学金は頂きません。
履修する科目の授業料(7,000円/単位)、科目登録料(1,000円/科目)、教育充実費(6,000円/半年)、教科書代。

指導は本校生徒と変わりません。
科目履修生も本校で受講する生徒であることに変わりありませんので、本校生徒同様に丁寧に指導します。

お問合せ・資料請求はこちら

募集要項

新入生

出願期間 平成29年1月10日(火)~4月7日(金)
出願書類 入学願書、新入学調査書
結果連絡 面接試験後1週間以内

編入生 高等学校中退者

出願期間 随時
出願書類 入学願書、学業成績・単位修得証明書
結果連絡 面接試験後1週間以内

転入生 高等学校在籍者

出願期間 随時
出願書類 入学願書、在学証明書、転学照会、学業成績・単位修得証明書、履修状況証明書
結果連絡 面接試験後1週間以内

科目履修生 一部の科目修得のみ

出願期間 随時
出願書類 入学願書
結果連絡 面接試験後1週間以内

お問合せ・資料請求はこちら

学費

下記は新入生の標準履修ケースです。

項目 1年次 2年次 3年次 卒業後
支給
合計
前期 後期 前期 後期 前期 後期
入学金 50,000             50,000
授業料
(\7,000/単位)
91,000 84,000 98,000 91,000 91,000 63,000 518,000
教育充実費 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 36,000
その他(※1) 31,528 21,665 41,985 20,525 26,148 19,340 161,191
学納金合計 178,528 111,665 145,985 117,525 123,148 88,340 765,191
就学支援金   △ 62,556 △ 57,744 △ 67,368 △ 62,556 △ 62,556 △ 43,308 △ 356,088
納付額合計 178,528 49,109 88,241 50,157 60,592 25,784 △ 43,308 409,103

(※1) 「その他」には、教育振興費や、教科書・学習書代などが含まれます。
登録科目数は、一人ひとり異なりますので、表は新入生の標準履修を基にした概算値です。

本校の授業料、1単位7,000円に対して、就学支援金が4,812円が支給されますので、1単位当たりの実質授業料は、2,188円になります。
保護者の収入に応じて加算されるケースでは、実質授業料ゼロとなります。
1年次25単位 2年次27単位 3年次22単位を履修登録するケースで試算。

納入時期は前期(3月)後期(9月)の年2回。

就学支援金により、3年間に必要な学費は、約 41万円

奨学金・各種支援制度

高等学校等就学支援金

国の費用により生徒の授業料に充てる高等学校等就学支援金を支給し、家庭の教育費を軽減するものです。1単位7,000円のうち4,812円が支給されます。

※4,812円/単位という就学支援金の金額は、平成25年度までに高等学校へ在学されている方、及び平成26年4月以降に入学し、「市町村民税所得割額」が15万4500円(年収590万円程度)~30万4,200円(年収910万円程度)の世帯の生徒の場合です。それより少ない場合は加算対象になり、授業料の満額が支給されます。平成26年度以降に入学し「市町村民税所得割額」が30万4,200円以上の世帯の生徒には就学支援金は支給されません。

奨学金制度の利用

日本学生支援機構の奨学金制度、その他県市町村の奨学金制度を利用できます。


Page
TOP