学校生活卒業生の声

駿小一期生(社会人一年目)

駿台に小学校から入学して一番よかったと思うことは、一番はつながりの強さです。小学校から高校までを同じ環境で学ぶことで生まれた絆は強く、それは大学に入っても変わることはありません。それぞれが違う土地に巣立っていきましたが、再会し近況報告をすることが多く、とても励みになります。慣れない土地で暮らす私にも仲間のことを思うと頑張れることも多いのです。また受験期には小学校から一緒だからこそ負けたくないという気持ちも生まれ、切磋琢磨できたと思います。

駿小二期生(大学四年)

私は今、国立大学の教育学部に通っています。駿小から入学して、高校まで駿台にお世話になってきましたが、小中高一貫校で、尊敬できる先生とともに成長でき、教育学部に進むきっかけになりました。また、親への感謝の気持ちから大学は国立に行こうという気持ちを強く持つことができました。駿小から入学してよかったと思いました。


Page
TOP