学校紹介駿中が目指すもの

駿台甲府中学校の教育理念

 駿台甲府の教育理念は「愛情教育」であり、「チャレンジング・スピリット」を建学の精神に掲げております。学校は一人ひとりに応じた深い愛情に根差した教育を行います。生徒諸君は他者を尊重しつつ自己実現を図ってください。そして目標の実現に向け、失敗を恐れず、果敢に挑戦してください。これらは駿台甲府の小・中・高に共通した理念です。特に中学校では、思考力・判断力・表現力といった基礎的な力を身につけ、グローバルに物事を考えられる生徒の育成を目指します。

期待する生徒像

 知的好奇心を持って広い知識を学ぶことに積極的な生徒です。自分で考え、自分の言葉で表現し、自ら進んで行動する生徒です。他者を思いやるやさしさをもち、友人や教員、家族の言葉に耳を傾ける謙虚な姿勢をもつ生徒です。

授業が真ん中

 毎日の授業が面白く魅力的であることこそ充実した学校生活を送るために最も肝心なことです。
また授業時間の充実こそ、大学受験という目標達成に向けた一番の近道にもなります。このため駿台甲府では「授業が真ん中」を合言葉としその内容は詰込主義の教育とは異なり学ぶ楽しさや、わかる喜びから学習意欲を引き出すものとしています。授業中心の学習だけでも十分に必要な学力が養える学習環境を構築。この授業こそ、高い大学合格実績を誇る駿台甲府の原動力になっています。駿台では、教師と生徒が最も熱く燃えているのが授業の場なのです。

基礎・基本を重視した学習を大切にします

 普段の授業では、小手先のテクニックに走らず、基本原理にもとづいた、応用力のある柔軟な学力の習得をめざします。探求活動や思考活動、体験活動を重視し、詰め込み主義を排した、真の学力を育成します。

すべての生徒の成長をサポートします

 生徒一人ひとりの学習の歩幅は皆異なります。本校では経験豊かな教員が、学習会や個別指導など、個々の生徒に応じたフォローを各教科・学年単位で全面的にサポートしていきます。

中高6年一貫のメリットを活かしたカリキュラム

 各教科、無理なく中学段階の学習を終え、中3の秋から高校領域に入ります。
また、これからの大学入試に必要とされる思考力、判断力、表現力を中学の時から時間をかけてじっくり養います。高校から大学受験までを見据えた、中高6年間のゆとりある学習環境のなかで確かな学力が身につきます。

教科の目指すもの

国語
 グローバルな時代にこそ必要な力。学問・思考の基礎となる日本語力と教養を育てます。
 駿中国語科では中高一貫六年間を俯瞰して、基礎力の充実に重点をおいています。ここにいう基礎力とは、もちろん大学入試突破のための基礎力です。
 まず、継続的な指導で中学校卒業時までに漢検2級レベルまでの漢字力の定着を図り、文章力向上のために作文を多く書き、夏休みには各種作文コンクールへの応募を義務づけています。また、古文の学習にも注力しており、教科書掲載の古文以外にも、できるだけ多くの古文に触れることによって高校へのステップとしています。この他にも毎朝の読書や現代文での予習プリント活用によって、文章力や語彙力を高めています。このように、あらゆる機会を通して、知りたい、学びたいと思う生徒の知的好奇心を刺激し、生徒の真の力となるような基礎学力の涵養を図っています。
社会
 広い視野を持ち、日本、そして世界のあるべき姿を考える力を育てます。
 「暗記」科目のイメージが強いかもしれませんが、社会科の本質は「暗記」ではありません。「知識や知恵を、実社会で、どう活かしていくか」という点にあります。すなわち、社会的な課題をとらえる「判断力」、解決するための「論理的思考力」、それを伝達する「表現力」を身につけることが、社会科を学ぶ意義であると考えます。  その点を踏まえ、中高一貫校の本校では、最終的に、生徒たちが、「広い視野を持ち、日本、そして世界のあるべき姿を、社会科の歴史・地理・公民の知識を活用して考えることが出来る人物」に成長していくことを目標としています。そのために、中学では、社会科を、身近で有益なものと考えてもらうことを目的に、様々な経験~土器づくり、統計グラフ・新聞スクラップ作成~等、様々な企画を実施しており、生徒は、いきいきと取り組んでいます。
数学
 プロセスを重視した学習で思考力と表現力を養います。
 中学生は「算数」ではなく「数学」を勉強します。学習内容が変わるため、教科名も変わります。大きな違いのひとつは、プロセスを重視する、ということです。答えが正しければ○、間違っていれば×、ということだけではなく、どうやってその答えにたどり着いたのかも説明するのです。本校では、先人たちが作り上げてきた文化的遺産としての数学を題材にして、知識・定石を駆使して問題を解く思考力と、それを他人が理解できるような形にして伝える表現力を養うことを重視しています。高校受験に特化したつまらない学習を避け、中高6年間をかけてじっくりと数学をたのしむことで、揺るぎない学力を育てます。
理科
 駿中の理科と言えば実験!数多くの実験を通して好奇心や思考力を育てます。
 実験や観察が多いのが本校の理科の特徴です。様々な自然現象を実際に自分の目で確かめ、教科書に載っている学習内容を体験を通して理解しながら、好奇心や思考力を育てていきたいと考えています。また、90回を超える生徒実験、および実験器具の使い方や、電気回路の製作などの実技テストを行うことにより高い実験技術を修得することができます。さらに、教科書に載っていない発展的な実験や学習も行っています。体験を通して学習したことが、高校での学習や大学入試、さらには社会に出てからも役立つように、教科書に載っていない内容であっても理解し、科学的思考力を育てる上で大切なことは学ぶ。それが駿中の理科の理念です。
英語
 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能のバランスのとれた学習をめざします。
 将来役立つ確かな英語力を身につけたい。その思いを実現させるためには学習の量と質、そして「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能のバランスを意識した学習が必要です。本校には英語の授業が毎日あり、ネイティブによる少人数制の授業も毎週行われます。ネイティブによる授業で英語を使って情報発信することを念頭に、日々の授業では基礎的な内容の習得を徹底します。さらに、NHKラジオの「基礎英語」や、東京の中学生も使用するハイレベルな教材でレベルアップを計り、生徒は意欲的に自らの英語力を伸ばしていきます。そして中3の2学期には高校教材を使用して発展的な内容が展開されます。  3年間の目標の1つとして、生徒達は中3で英検準2級の取得を目指し、多くの生徒がこれを達成しています。またTOEIC Bridgeを中1から高2までの間継続して受験し、英語力の伸びをスコアで確認しながらモチベーションにつなげています。

Page
TOP