学校生活校内小論文コンクール

現代社会において、私たちは様々な事物・事象と自己との関わりを認識し、広い視野にたって、他者とつながり、社会を創造していく必要があります。本校では、生徒がこれからの社会と自己に目を向け、自分の世界を広げることを願って、全生徒を対象に小論文コンクールを企画しています。

 

*各作品タイトルをクリックすると、作品をPDFで表示できます。
 各年度ごとに氏名50音順で並んでいます。

2018年度[第22回] 最優秀作品

  1. 1年 伊藤 晴加  『出生前診断についての考え方』
  2. 3年 海野 あかり 『ジェンダー平等実現に向けて』
  3. 1年 相馬 碧斗  『24時間営業は廃止と継続のどちらに勝算があるのか』
  4. 3年 髙原 菜月  『人類に課された責任』
  5. 3年 鶴田 匠   『Gender equality is the key to a sustainable world』
  6. 3年 劉 清嵐   『立場を変えて考える』

Page
TOP