建学の理念

SUNDAI KOFU Philosophy

駿河台学園 創立者 山﨑寿春

愛情教育

全駿台に共通した教育理念です。駿台甲府の教員は根本に愛情教育という意識を持って生徒と向き合います。すべての教育活動はこの理念に則って行われ、生徒一人ひとりに対し、細かな生活指導や進路指導がなされます。

駿台のルーツの言葉を紐解くと、「我学会の弊風たる詰込み主義を排し、専ら基本原理の了解に努め、之が運用の限妙を授け、以て推理及判断力の涵養増進を期す(私たち日本の教育界の悪しき風潮となっている、詰め込み主義をなくし、何よりもまず、ものごとの根本法則をしっかりと理解することに努め、その道理に基づいて思考し、行動することの深さや精密さを生徒に授け、そのことによって、推理することや判断力を養い育てていくことを生徒自身が増進するように期待する)」という言葉があります。

その理念を引き継ぐ駿台甲府の授業は、テクニックに走らずに基礎基本学習を大事にする正攻法をとっています。

チャレンジング・スピリット

駿台甲府の生徒に求める精神です。

駿台甲府の生徒は「勉強に打ち込み、目標とする大学に入りたい」「部活動で精進して自分を磨きたい」など多様な希望を抱いて生活をしています。

その生徒たちに、「高い目標を掲げて努力を重ね、初志を最後まで貫いてもらいたい」という気持ちが込められています。

チャレンジング・スピリット