学校紹介学校評価

駿台甲府高校普通科では、2007年度より学校評価をおこなっています。
学校評価は、①生徒アンケート、②保護者アンケート、③教員による自己評価、さらにそれらを踏まえて、学校全体への意見を外部委員の方々にいただく④評価委員会の4つの柱からなっています。

Ⅰ生徒アンケート

[学校生活について]

学校生活に関する生徒アンケートからいくつかの項目をグラフ化しました。

生徒は、駿高に入学したことをどのように感じているでしょうか。アンケートの結果から、9割近い生徒が、「入学して良かった」と回答しています。去年との比較においても、おおよそ同じ割合になっています。

<第一志望はゆずれない><納得受験>をめざす駿高。「進路指導」に対する満足度と、「学校が楽しい」に対する質問にも、多くの生徒が肯定的な回答をしています。
「学校行事が充実しているか」という質問にも、8割近い生徒が、また、「クラブの指導は適切か」については、約9割の生徒が、高い評価をしており、学校生活の充実ぶりが伺えます。

Ⅱ保護者アンケート

次に保護者アンケートの集計結果からいくつかの項目を紹介します。
最初に「駿高に入学させてよかったか」という質問への回答です。
全体の9割以上の保護者から肯定的な評価をいただいていますが、「分からない」を含めた否定的評価も 7%あり、さらに良い評価を得られるよう努めます。
次に本校の学習・生活指導についてです。「保護者・生徒との面談が計画的・有効的」は、9割以上の肯定的評価 が得られました。学年保護者会・学校通信の配布などを定期的に行っており、今後も充実を図ります。「学校行事の教育効果について」も高い評価を得ていますが、今後も学習指導・進路指導・生活指導・ 学校行事など、全般にわたり改善に努めます。


Page
TOP